食品開発PBL実習 中華まん つくります!

こんにちは!

食品生命科学科教員の小手森です。


食品生命科学科の目玉授業、食品開発PBL実習の紹介です。

この実習では、「中華まん」を作ります!


そう、実際に作って、販売しちゃうのです。

製造は中華まん専門メーカーの東葛食品株式会社さんにご協力をいただいて、大学祭で販売するところまで、一貫した食品開発の流れを体験することができます。


今年のテーマは「大豆ミート」!

今日は各班、考えた会社名やロゴマーク、大豆ミートの市場調査の結果を発表しました。



↑発表前のチェック・・・

 右端、社長役の学生が状況を見守っています。



↑こちらの班は、実際に購入した大豆ミート製品の確認中!




↑発表が始まりました!

 この日は、聖パウロ学園高等学校の生徒さんも見学に来ていました。



↑発表の中では、どちらが大豆ミートを使ったハンバーガーでしょう?というクイズもありました!



↑質疑応答の様子。

大豆ミートはなぜ環境負荷を減らすのか?難しい質問にも回答しています。



↑いろんなアイディアがあって、よく練られています。



↑ベジタリアンなど、宗教・信条的な背景にも考えを巡らせます。



どんな中華まんができるのか、今後がとても楽しみですね!




#学びの特色 #授業・実習 #イベント


******************************************

食品生命科学科のことをもっと知りたい方は、ぜひ下記もご覧ください♪


●YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCEm8wvUhrLlaTJloAhf2-gw


●Twitter

https://twitter.com/Azabu_Shokuhin


●Instagram

https://www.instagram.com/azabu_shokuhin/