食品開発PBL実習 中華まんを試食しました!

こんにちは!

食品生命科学科教員の小手森です。


食品生命科学科の目玉授業、食品開発PBL実習の紹介です。

この実習では、「中華まん」を作ります!



この日は、中華まん製造にご協力いただく東葛食品株式会社(https://www.toukatsu.co.jp/)の鈴木先生にお越しいただき、製造に関する特別講義と、大豆ミートを使った中華まんの試食を行いました。


東葛食品さんは、オリジナルブランドの中華まんを製造・販売しているほか、有名な中華まんメーカーなどの製造にも携わっています。

関東圏にお住まいの方、中華まんを買うときには、ぜひパッケージ裏側の「製造所」を確認してみて下さい!


↑東葛食品さんの中華まん製造について説明を聞いています。


↑成城石井オリジナルの中華まんも、製造は東葛食品さんが担っています!


↑東葛食品さんで製造した大豆ミートを使った中華まん。おいしそう!


↑大豆ミートを使ったしゅうまい(写真・右)も試食させていただきました!


↑試食、いただきまーす!(いい笑顔!)


↑調理前の大豆ミートも見せていただきました。

形状も様々です。こちらは粉末タイプ。


↑こちらは大きいかたまりのタイプ


↑においもかいでみましょう。


講義では、中華まん開発のヒントをたくさんいただきました!

どんな中華まんをつくるのか、これから各班アイディアを練っていきます。

みなさん、乞うご期待!



#学びの特色 #授業・実習 #イベント


******************************************

食品生命科学科のことをもっと知りたい方は、ぜひ下記もご覧ください♪


●YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCEm8wvUhrLlaTJloAhf2-gw


●Twitter

https://twitter.com/Azabu_Shokuhin


●Instagram

https://www.instagram.com/azabu_shokuhin/